どんどん変わる。でも変わらない。

 

当社代表の五十畑が超大手総合印刷会社を飛び出して独立したのは、1999年のこと。あれから20年以上が経過してしまいました。ありゃま、もう○年も経っちゃったか。光陰矢の如しだね…とわたしとパートナーの梶原は、毎年毎年20年ものあいだ、おなじようなことを言っては笑いあっています。思考と感覚のマンネリっぷりに、われながら呆れてしまいますが——マンネリこそ最大の敵であるとも言える業界に身を置いているというのに。

20年間いろいろありましたが、振り返ってみると当社の歩みは、デジタル技術の普及・発展とともにあったようです。制作の方法論もマーケティング手法も、そしてコミュニケーションの在り方も、大きく変化しました。しかし、わたしたちには創業以来、まったく変わっていないものが……いえ、「変えていない」ものがあります。あります。それは、わたしたちが抱きつづけている「かきたい」という想い、そして「かく」を主軸に据えるという方針です。当社が「かく」を貫くことができたのは、ひとえに多くの取引先の皆様やお客さまのおかげです。ほんとうに、ほんとうに、感謝しております。

わたしたちは「かく」という仕事を、これからも変えるつもりはありません。自分たちのやりたいことには、こだわります。そしてこのこだわりを通じて、クライアント様の経営や営業だったり、経済だったり、社会だったり、誰かの人生だったり、日常だったり、いろんなもののお役に立てればいいな……と、欲張った青臭い想いを、相変わらず抱きつづけています。

20年前と、あらゆることが大きく変わりました。でも、変わらない部分もたくさんあります。変わること。そして、変わらないこと。どちらも大切にすることこそが、わたしたちスタジオ・キャットキックにとって、これからの時代の原動力になると信じています——そしてもちろん、このサイトにご訪問いただき、この長文をわざわざ読んでくださっているあなた様にとっても。

 

2020年4月
新型コロナウイルスで社会がわちゃわちゃしているけれど
身の回りは意外に静かな日に

有限会社スタジオ・キャットキック 代表
コピーライター/プランナー/クリエイティブディレクター

五十畑 裕詞